スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷川町老人クラブ連合会 温泉講話

 皆さん こんにちは!  突然寒くなってきましたね~~~(*^^)v


 寒さには、めっぽう弱い浅野です。。  朝起きるとき顔だけ寒いんですよね~

 


 いや~  、 やおいかんですね!! (浅野の好きな熊本弁 第1位です♪)

 
   


 今日は気合いを入れて起床後、



 八代市 東陽町 せせらぎの湯 にて 氷川町老人クラブ連合会 



 温泉講話『温泉に入って健康になろう』 お話をしてきました~~(*^_^*)



 写真とれなくてすみません・・・・ 入浴作用や、泉質効果、お風呂でできる体操を 氷川町老人会

 
 の皆さんと一緒に実施しました!!!



 皆さん、入浴事故と交通事故はどちらが発生がおおいと 思いますか?




 正解は 



 
 入浴事故です!! 交通事故の約2倍!! なんです ((+_+)) 他人ごとではありませんね!!!!


 入浴事故の最大の誘因は、急激な温度変化による「ヒートショック」だと考えられています。


 名前だけ聞くとかっこいいですが、恐ろしいんです!!

 



 身体が冷えたまま熱いお湯に入ると、手足に電気が流れたようにビリビリきますが、これは体深部に集中して脳や臓器を温めていた血液が、体表面の抹消血管にど~っと移動してくるために起こるちょっと危険なサインです。


このときに一時的な血圧上昇や心拍数の増加がおこるので、脳や心臓の血管が弱くなっていると障害が出やすくなります(-"-)



 対策方法として


 ①かけ湯をして半身浴を  かけ湯をすることで徐々に身体をならします。半身浴は心臓や肺にかかる負担が軽減されます



 ②水分補給を  入浴前後にはコップ1杯の水を飲みましょう!



 ③浴室を暖めておく 浴室暖房をつけたり、ない場合は、予めシャワーを出し放して温めておきましょう。
 
 


 とくに熊本は増加傾向にあるんです↓↓↓

 熊本県内で「入浴死」多発 過去5年で最悪ペース 2011年11月27日

 入浴しようと服を脱いだ際や、湯船に漬かったまま急死する「入浴死」が県内で増えている。県警によると、今年は10月末現在で173人と、過去5年で最悪のペース。

県警によると、県内の「入浴死」は2007年から昨年まで年間166~216人で推移。だが、今年は最も多かった昨年同期より26人も多い。また、173人のうち高齢者が153人と、9割近くを占めている。

 心筋梗塞や脳梗塞を起こすほか、浴槽内で意識を失って水死する例もあるという。「11月に入り、さらに増えている印象。1日に3人検視した日もある」と県警捜査1課。




 入浴事故の増加を防ぎましょう!!  


 では。
 
スポンサーサイト

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

個人情報について
当ブログに掲載されております写真等の個人情報につきましてはご本人様の承諾を得た上で掲載いたしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。