スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フードファディズム

お久しぶりです小栗@くま健です

おそらく研究所メンバーの中でブログを一番放置してしまっていたのではないか…
ブログ隊長★浅野さんに土下座決定ですね

また気を改めてどんどん更新したいと思いますので宜しくお願い致します


さて私事ではありますが、先日土曜日は栄養士会の研修会に行って参りました
テーマは「食情報とフードファディズム」


フードファディズム:食べ物や栄養が、健康や病気に与える影響を過大に評価すること

「○○を食べれば痩せる!」とか「ビタミン豊富!」とか。

私もヘルスアップ倶楽部や各エリアに行くと「○○がダイエットに効くって聞いたけど本当?!」などの質問を受ける事が多く、特にテレビなどのマスメディアの影響は大きいなぁと感じる日々です。

そこで改めて言われて納得したこと。

それは
”食品自体に善し悪しはない”ということ。

よく「○○は健康に良い」「△△は身体に悪い」などといいますが、食品自体には良い・悪いの価値はありません。
問題なのは食べる人自身の食べ方


例えば、私の大好きなチョコレートも、風邪の時にどうしても食欲がなく「チョコレートなら食べれる!」というときには簡易的なエネルギー補給になりますもちろん毎日板チョコ1枚食べる、夜寝る前に食べる、となると身体に良いとは言えません

またよく野菜摂取を勧めますが、食欲がない人が大量の野菜だけで満腹になって他のごはんやおかずが食べれない…となると必ずしも良いというわけではないですよね

テレビで言われる○○ダイエット。
もともと1食に大量に食べていた人が、1食をそのものに置き換えると摂取カロリーが減るのは当たり前。
ただし1日に必要な栄養素は不足しますし、またそれを長続きできるかと考えると難しいですよね。

やっぱり何を食べるにしても適量が大切です


食事の基本は「主食・主菜・副菜を揃えて、3食規則正しく食べること」


私も常にテレビなどの流行を取り入れつつ、正しい情報を伝えていこうと思った今日この頃です
これってどうなの!?という質問がありましたらいつでもお声かけ下さいね☆
日々勉強したいと思います


P.S.大量のおみやげももらい、1週間はカルシウム不足にならずに済みそうです
2010102407220000.jpg


スポンサーサイト

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

個人情報について
当ブログに掲載されております写真等の個人情報につきましてはご本人様の承諾を得た上で掲載いたしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。